カテゴリー「★★★」の投稿一覧

芥川賞「むらさきのスカートの女」の誰かに言いふらしたくなる薄気味悪さって中々無いよね

2019年の第161回芥川賞受賞作の「むらさきのスカートの女」を読みました。 本作、先日同居人と一緒に「ブックホテル神保町」さんに遊びに行った時に置いてあったのが読み始めるきっかけでした。 しかも先に同居人が読み終え、「 …(続きを読む)

いろんな意味で予想外!「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」

すっごい長い作品名なので、「ブログのタイトルが長すぎる!」みたいな警告が出てしまいそうですね🙄いや、出たとしても痛くも痒くも無いんですけども。 さて本作、鮮やかな黄色の表紙と本好きの興味をそそるキャッチー …(続きを読む)

殺人一家(東伏見在住)の日常が融解するー「QJKJQ」を読んだ

 口数の少ない母だ。会話はほとんどない。それでも二人でダイニングテーブルをはさんで飲み物を味わううち、わたしがどこに行っていたのかと訊いてくる。わたしは正直に話す。だって家族だから。母親はとても怒る。どうしようもないと首 …(続きを読む)