カテゴリー「★★★★」の投稿一覧

夢想家もリアリストも大満足の伊坂幸太郎「逆ソクラテス」

久々の伊坂作品でした。 話のスケールは決して大きくないのに、こんなにも面白いなんて。小さなお話たちだからこそ、読み手に寄り添う感じがするのかもしれません現実的でありながら、奇跡やロマンがひと匙振りかけられているような読み …(続きを読む)

新刊が待ちきれないので「黄昏の百合の骨」も読んだ

「一緒に飛んでいってくれる?」 全てを捨てて。 無意識のうちに、そう呟いていた。「--いいよ」 単行本P228より 「麦の海に沈む果実」の続編です。結構改行が多めなので、サクッと読めてしまうかも。 前作「麦の海に沈む果実 …(続きを読む)

訳分からんタイトルと分厚さに二度見必死の「クロコダイル路地」がすごいぞ

クロコダイル路地…この、どんな物語なのか全く想像できないキャッチーなタイトルと、それから分厚い、分厚すぎるボリューム感(物理)が本作の存在を格別のものにしていると思う。 解説で「皆川博子版『二都物語』」という表現が出てき …(続きを読む)