本編には置いていかれてるけど中篇はとてもよかった「レアリアⅢ後篇」


 

彩雲国物語が大ヒットした雪乃紗衣さんの新作ファンタジーシリーズ。
二国間が争いを続ける帝国と王朝を舞台に、
親世代と子世代の運命と恋を描いた悲壮感溢れるファンタジー。
 

これまでの感想は以下のリンクから。1巻には自作相関図も付いてます。

“彩雲国物語”作者の新シリーズは重めな洋風ファンタジー「レアリア」

悲しい世界で紡がれる少女と少年のささやかな幸せ「レアリアⅡ」

やや展開についていけない感のある「レアリアⅢ 前編」読んだよ


 

悲壮感溢れるファンタジーというのが、わたしが思う本作の特徴でして。
 
とにかく人はいっぱい死ぬ。帝国と王朝は避けようのない戦争に向かっていく。
軍師を務める主人公の家は、親子(血の繋がりはない)それぞれがいずれ戦争の中で死ぬことを
自分の宿命と納得して、それでも大切なものを守るために、終わりへの道を進んでいく。
彩雲国の終盤がめっぽうシリアスだったことを覚えている読者の方は、
あの雰囲気がそのまま別シリーズになったと受け止めていただければイメージしやすいんじゃないか。
 
 
そんな訳で、とにかく思わせぶりな描写が多くて、話の筋がよく分からない、
というのが計四冊読んだここまでの感想です。(好きな人はすみません、、)
 
 
なんかもうですね…分かりにくいんですよね…
誰か箇条書きでストーリーをまとめてくれよ!
なんでミレディア(主人公の少女)とロジェ(ミレディアの命の恩人にして運命の人にして彼女の大切なものを全て奪うつもりでいる謎の人)が
雪の中、四阿(あずまや)で踊るの!?
なんで!?

 
※自分のために読み取れたことをネタバレ感想として後で書きますので、
 よろしければご参考にどうぞ。
 
 
ストーリーに置いていかれてしまった感があって、
「物語がどう展開するかは気になるけど、毎回よく分からん感じで
煙に巻かれるのはちょっと耐えられなさそうだから、
続きが出ても果たして読み綴られるかな…」と不安に思いながら本編は読了した。
 
 
今回は、本編自体は全体の4割くらいで、残りの6割はそれぞれのターニングポイントとなった
グランゼリア線を描いた「碧落」という中篇が収録されていました。
 
これもどうせよく分からないんでしょ…?
と疑いつつ読んでみると、この中篇、面白いじゃないですか。
 
おそらく、本編で散々触れられてきた戦ゆえに、そこで何が起きたかという予備知識は十分に持っていたから
多少思わせぶりな展開があっても本筋を掴み続けられたのがポイントだったように思う。
「分かる…内容が頭に入ってくるぞ…!」という気持ちになった。笑
 
 
本編も続けて読めばするっと理解できるのかもしれない…
ということで、特に一気読みすることをおすすめするシリーズかも。
雰囲気は好きなんだよ、雰囲気は😂
 
 

以降、ネタバレ感想です。(というか自分なりの事実の確認)
未読の方はご注意を!

続きを読む