「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」が人生に効く気がした

様々な賞(以下参照)を受賞しているノンフィクション作品であり、表紙の鮮やかな黄色と少年のイラストが印象的で、以前から気になっていた作品でした。 読者が選ぶビジネス書グランプリ2020リベラルアーツ部門 埼玉県の高校図書館 … 続きを読む 「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」が人生に効く気がした