話題の「かがみの孤城」がずるいほどに良作だった


 

あなたを、助けたい。
学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。
輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――
なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作。

煽り通りの良作だった!

 

「不登校の子どもたちを描いた作品だ」というのは
バズり始めた時に見て知っていたんだけど、
別にそういうのは興味ないなあ😇と思っていたので、
ひたすらに図書館で順番待ちしてようやっと読みました。
 

長編ながら読みやすいのでサクサク読み進められて、数時間で読み終わった。
 

奇妙な状況下で出会った見ず知らずの七人が徐々に打ち解け、
絆が生まれ、困難に挑み、謎は解かれ、そのさきに感動が待っている。
そんな濃厚な数時間がとても手軽に味わえる、なんていうか親切な作品。
(例えるならそう…大長編ドラえもんのような…大人も思わず涙するみたいな…)
(貧困な発想)
 

読んでみると、登場する子どもたちみんなの、
その弱い部分に「ああこれはかつての(あるいは進行形の)わたしだ」と思わせる個性があった。
(母親の顔色を伺う、見栄を張る、誰も自分を分かってくれないと嘯く……)
 

誰にでも多かれ少なかれある感覚を、抜き出して、肥大化させて、
きっと登場人物を作っていってるんじゃないかな。
だから誰でも思い当たる節のある、共感できる人物が生み出せる。
占い師の手法と一緒ですね)
 
 

辻村作品はまだ3作品しか読んでないけど、
「傷ついた人の味方」って印象が強い。
圧倒的に正しい感じ、批判を許さない感じがする。
泣いてしまうし、読後感はいいし、読んでよかったなって思うんだけど、
なんていうか、眩しすぎるのかもしれないなあ。
※個人の感想です
 

少し前にドライブしてて「いきものがかり」が流れた時にも同じことを感じたことを思い出した。
聞けばいい曲だと思うし、好きな人がいれば「いいよね」って言えるし、カラオケでも歌うし。
批判を許さないというか、批判が入り込む隙間もないほどの「正しさ」。
※個人の感想です(強調)
 
 

そんな「ずるい」良作だったなあ。
(褒めてますよ!みんな読んで感想を聞かせてほしいよ!)
 
 

ちなみに、少年少女がお城で過ごす本といえば、
恩田陸さんの「七月に流れる花」「八月は冷たい城」という連作があって、
こちらはもっとダークで不穏なので、
ちょっと違う感じも読みたい…と思った方にはオススメです😂
 

 
 

以降、ネタバレ感想です。
未読の方はご注意を!

続きを読む