二つの時代を生きる二人の青年を描く「U」が壮絶だった


 
不思議で哀しくて美しい作品。
 
史実を下敷きとした生々しいほど確かな手触りなのに、
内容はファンタジックでもあるというギャップが、不思議さの要因かなあ。
 
17世紀のオスマン帝国、そして第一次世界大戦下のドイツという二つの時代を、
老いるスピードがとてもゆっくりな元少年兵二人が生きる、というお話なんだよ。
どうしたらそんな発想で本を書こうと思えるのかしら(感嘆)
 
海に沈んだ夥しい数の死者たちが見せた、長い、長い、
途方もなく長い夢を一緒に見ていたのかなと思う、哀愁が残る読後感だった。

 

ティルピッツの頭髪は頂点の辺りまで生えぎわが後退し、口髭と顎髭は灰色になっているが、ヨハン・フリードホフの容貌はほとんど変化していなかった。
久闊を叙する間も惜しく、「君は、ハンス・シャイデマンを知っているな」ティルピッツは問いかけた。
はい。明瞭にフリードホフはうなずいた。「私の半身です」(P22〜23)

 

は、ははは半身ですって…?
すごいパワーワード。
 

そんな名言と共に幕を開けた物語は、
17世紀のオスマン帝国と、第一次世界大戦中に使用された潜水艦・Uポートの間を移ろう。

国は栄えた後に衰え、また新しい国が栄えゆく。
人は生き、子をなし、そして無造作に死んでいく。
その大河のような流れの中で、時を止めてしまった二人の青年の物語です。
 

分厚いものの、文字は結構大きいので、文量は見た目ほどには多くないのかな🤔

世界史受験をした身としては、オスマン帝国やイェニチェリという
キーワードが何とも懐かしくもあり、
「私の半身」発言でテンションが一気に上がったこともあり、
グイグイ読み進めました。
 

二人の青年の長い人生を追いかけることで、その<時>を一緒に体感したような、
塩に生命を吸い取られたような(読めば分かる比喩)感覚。
率直に書くと、「な、なんかつかれた…」という感じ。笑
なかなか無い読書体験でした。

 
 

以下、ネタバレ感想です!
未読の人は気をつけて!
 
続きを読む