ホームズと光源氏がロンドンで切り裂きジャックに挑む!?「1888 切り裂きジャック」が盛り沢山だった

 

 

 

 

「この光と闇」の偏りっぷりが刺さったので、
解説の皆川博子さんが絶賛していた本作に挑戦することに。

この光と闇の感想はこちらから!

お耽美小説「この闇と光」が超展開続きでミステリファンも納得の仕上がりだった

 

ざっくりこんな内容

 

あらすじ

1888年のベルリンから物語は幕を開ける。
当時、解剖学を習得するためにベルリンに留学していた柏木は、
友人の鷹原から奇形の青年「エレファントマン」の存在を聞かされ、
衝動のうちにロンドンで彼の研究をすることに。
ロンドン警視庁(スコットランド・ヤード)に所属し社交界の華でもある鷹原に
巻き込まれるようにロンドンを見知っていく柏木だが、
己の行く末が定まらない芒洋さは一向に晴れることがなかった。
そして、後に世界を震撼させる“切り裂きジャック”事件が発生し、
柏木と鷹原はこの事件の真相を追うことになるーー。

みたいな話。
 

何がやばいって、ページ数がやばい。
 
引用した文章は解説の最後の文で、つまり全781ページ!(作品自体は769ページ)
通勤の合間にちょこちょこ読んでいたので、
一生読み終わらないんじゃないの…?とすら思ったよね。
(後半、話が盛り上がってきたので普通に家でも読んだ)
 

切り裂きジャックに関係しない描写も多く、冗長に感じられるところもあるので、
回りくどいのが苦手な人はダメかも知れない。
主人公・柏木がうじうじしすぎるから、うじうじに共感できない人もダメかもしれない。
 

でも、もしそれでも行けるかもしれない、その先にある圧倒的な「美」が読みたい…!
と思うなら、ぜひ読んでほしい、そしてわたしと握手してほしい、そんな作品だった。
 

今も迷宮入りであり続ける切り裂きジャックの真実は、
本当にこうだったんじゃないかと、信じてしまいたくなる緻密な構成、
論理の開陳に驚くこと間違いなしです。

 
 

名解説と本作の見どころ

 

一つの作品の中に、著者が描きたかった様々なテーマが詰め込まれていて、
冗長なようにも、無駄がないようにも思える不思議な作品だった。
 

ちなみにわたしが思う本作のテーマは、

  1. 日本人留学生から見たロンドンの世相
  2. 歴史の転換点に居合わせた若者の悲哀
  3. 時代考証を重ね切った著者が挑む切り裂きジャックの真実

です。
正解は知らん(急に投げやりになる)。

文末の解説も、本作の魅力を分かりやすく書いているので参考になるかと。
(ただし解説自体は本書の激しいネタバレがあるので、未読の方は読んではいけない)
 

(前略)中でも本書は構想と執筆に充分な時間をかけており、じっくりと熟成した美酒にも似た豊饒な味わいをもつ、質量ともに読みごたえのある作品である。完成より六年を閲した現在再読しても、その印象は変わらない。当時どうしてもっと評判にならなかったのか不思議である。イギリスに英訳しても充分に通用する小説である。(P775〜776)

 

熟成した美酒にも似た豊饒な味わい…!
イギリスに英訳しても充分に通用する小説…!
ほんとその通り(安易)。
 

実際、“外国人の目から見た日本”って大好きなテーマだし、
逆も然りと思えば、イギリスの人も面白く読めると思うんですよね、本作。
ラフカディオハーンの「日本の面影」みたいなね。
(未読のくせに意気揚々と名前を挙げる)
 

(前略)単なる切り裂きジャックの犯罪小説に終わらず、テーマはまさしく1888年のヴィクトリア朝ロンドンと実在した興味ある人物や事物である。それを日本人柏木の眼を通して、現在に投影してくれる同時代感覚の小説になっている。
決して過去の干からびた一時点をピンセットでつまみ出して見せるのではなく、すぐそこにいまも存在する魅力的な混沌の世界をのぞき見るような、絢爛豪華なドラマを展開させてくれる。この時代と事件と人物への、作者のオマージュが十分に感じられ、その想いと情熱が結晶した本書は、作者の代表作と呼んでふさわしい作品になっている。(P780〜781)

 
うん、ほんとその通り。
 

この時代のロンドンは、清濁併せ呑む混沌の街だったのだと、
留学生である柏木が目を回すのと一緒になって、くらくらしたものね。
 

小説を読んでいると、風景が目の前に広がる感覚が味わえるのは
皆さん一緒だと思うけど、通常は風景なんかを俯瞰するイメージで読んでいると思う。

けれど本作は、柏木の目を通して、たぶん170cmくらいの目線の高さで
街を歩き、パブで酒を呑み、霧に包まれた街の美しさに見惚れる…
そんな感覚だった。
そんなカメラワークの映画を観ているようだったな。
 
 

特に、その中で登場するですね、
鷹野という青年がとっても魅力的だったんですよ奥さん!(誰宛)
 
鷹野無くして本作の面白さは語れないと思うほど、存在感たっぷり!
 
 

  • 本名は鷹原惟光なのに、その美貌からどこに行ってもいつのまにか「光」と呼ばれるようになる
  • 宮内次官鷹原伯爵の長男
  • 東大医学部
  • 二年で退学した後司法省に入り、その後警視庁へ。現在はロンドン警視庁に所属
  • ロンドン社交界でも大人気で、王室からもモテる。エドワード王子もメロメロ
  • 伯爵家の長男だが、母親は実は芸者で、鷹原が9歳の頃に殺されてしまう
  • 放蕩の理由は、義母弟に鷹原家を譲るためだと社交界で噂になっている

 
 
設定盛りすぎじゃない…?笑
こういうチートキャラって、やっぱりフィクションの醍醐味ですよね、ってなる。
シンプルに、読んでいて痛快だし、楽しいもんね。
 

主人公がうじうじしっぱなしなだけに、ストーリーを牽引する鷹野が余計に
頼もしく、かっこよく見えたという、対比もあるかもしれないな。
 
 

超ネタバレ感想

 
以下は、読み終わった方と握手するつもりで書いたネタバレ感想です。
未読の方はお気をつけあそばせ!(誰)
 
 
続きを読む