タグ「ミステリ」の投稿一覧

命蠢く湿地は全てを覆い隠してくれる…「ザリガニの鳴くところ」の沼は深い

仕事で疲れた体を引きずるように訪れた本屋にて、とある作品のタイトルと表紙と、帯の推薦文に惹かれた。 ちょっと分厚いけど、中を見るとフォントの大きさはあまり大きく無いので、そんなに時間もかからずに読めそうだな…ノースカロラ …(続きを読む)

怪しい病院×ピエロ男襲来=ノンストップ医療ミステリ!な「仮面病棟」を読んだよ

2020年、打海文三の“応化クロニクル”(少年少女血みどろハードボイルド三部作、面白かったですおすすめです)を読んで以来、小説をなかなか読めていなかったのだけど、「読めないとか言ってないで、まずは読んだらどうか?」と思い …(続きを読む)

高田大介さん4年ぶりの新刊は民俗ミステリ、「まほり」の真実を目撃せよ

図書館の魔女という超大作が突如発刊され、その類稀なる面白さに噂が噂を呼び、その後「烏の伝言」という外伝を発表し、続編となる「霆ける(はたたける)塔」を執筆中だと発表した後、沈黙を守っていた著者・高田大介さん。 ※ちなみに …(続きを読む)

お耽美小説「この闇と光」が超展開続きでミステリファンも納得の仕上がりだった

  皆川弘子さんの「開かせていただき光栄です」「アルモニカ・ディアボリカ」が面白すぎて 「ああ、最&高だなあ…」などと浸っていた時、 表紙が似ているということで目に入ったのが本作でした。   タイトル …(続きを読む)